上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
設立当初は取材も「貧困」が前面にでていたように思うし、
閉鎖的な田舎ならではなのか少なからずの方から
極論でいうと貧困にあえぐ"可哀想な"子ども達をタダで助けてあげてるんだって」的な、すごく「上から目線」的なモノを感じざるを得ないかったですね・・・。
でも実際のタダゼミの活動って、そういうものが全く感じられないというか、
逆に言うと「子どもも大人もみんなで生き抜く術を考えようぜ的なスタンスを感じられるので、取材の方にはぜひタダゼミボランティアに参加し、内面から知ってもらいたいですね
 みんなで議論いろいろ試して相談しながらだから、とても楽しいですよ。
この社会で私は確実に老いていく その逆に子どもたちはどんどん大きくなっていくっていうのがすごく愛おしいと感じます。
考える尺度が長くなった
その辺りが、私がこの活動に関わっている由縁です。
m01.jpg

若い世代に
「今は育てるのにお金がすごくかかるからペットでも飼ったらいいよってついつい言っちゃう。

「勉強はできなくても人の痛みの解る子になってくれればいい」なんて今のご時世言えない・・。
「優しいだけじゃ生きていけないよ、周りはみんなライバルなんだから」なんて言ってしまう。
反貧困の湯浅さんいわく、今の中学生は生まれた時から年間3万人も自殺者が出ているんだからそれが普通になっちゃってる。
交通事故の6倍なんだから、朝かける言葉も「車に気を付けてね」から「死のうと思ったりしないでね」に変えなきゃならない。
そんな老後は嫌だ! 老後は誰だって楽しみたいに決まってる
子どもは社会の希望ですねぇ
発言に気を付けます
自分がこういう世の中で子育てをしたり、年を取るのは嫌だなってつくづく思う。
なんでこんな目に合わなきゃならないんだろうという現実が目の前にてんこ盛りにあるからだ。

子ども達に届かない短期保険証・修学旅行費や課外授業費や部活の遠征費の苦労、卒業証書返還や給食費滞納問題。
先日も、子どもの保険証が無くて病院にいけないという相談があった。
役場に同行し「貧乏人は治療を受けずに尊厳死しろってこと?」と怒りが沸点に沸いたところで
一か月分の短期保険証を発行してくれました。
ここまで露骨に異なる命の値段を目の前にしたらどうすればいいのでしょう。
ベルトコンベアーの上を流れてくる子どもを規格外の品物をポイポイと捨てる様な感覚・・。

少子化対策で子どもを増やすではなく、幸せな子どもを増やすことが喫緊に重要なのでは?
子どもを取り巻く環境の激変を実感したのは3年前の世界同時不況以降ですね。 
タダゼミに通ってくる子どもの家庭は
① ひとり親家庭 ② 兄弟が多い③ 収入が少ない④ 自営業で忙しい ⑤失業中⑥ 家族が病気 ⑦ 不登校 ⑧ 生活保護受給世帯   が多いです。
「私立高校にはいかせられないのでなんとか公立高校に合格させたい」 「塾に行かせたいけど兄弟もいるし、高くて行かせられない」などが共通します。

学校では集団が重視されるからどうしたって個別の子のつまづきに手厚い支援を届けにくい。
自治体では命や生活が危なくならないとなかなか直接サポートしにくい。
行政サポートもなく、お金がなくて有料塾のサポートを受けられず、地域のつながりもない層にタダゼミはリーチしています。 
最近では参加者も増えて会場確保に困難しています。
行政又は企業の会議室など無償提供頂けると嬉しいです
子どもらの背が大きくなったのかな??
例えば
①高校に進学できず、フリーターから40歳で生活保護を受給して75歳まで月額8万円で35年受給の場合 
総額3360万円マイナス
②大学から中小企業正社員となり、障害賃金平均2億6000万円の場合
生涯納税額3010万円プラス
1人当たり差額は・・・・6370万円にもなるそうです。
来年度の厚労省の概算予算を見ても今後学びサポートの輪が全国に広がる予感がします。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。