上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(はじめに)
児童の使用は禁止です。
使用者は、児童が満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまで、使用できません。
  つまり、中学生は原則労働できません。(16歳以上の夜間中学生は除く)
  ただし、下記のとおり、例外があります。工業的職種はアルバイトでも出来ません。(労働基準法56条)

例外として認められる場合
①非工業的事業に係る職業で、児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができます。
②映画の製作又は演劇の事業については、満13歳に満たない児童についても、児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについて、行政官庁の許可を受けることにより、修学時間外に使用することができます。

法律用語はどうしても硬い言葉になるので、以下よくある質問に答える形で回答します。

1.卒業式の終わった春休みからアルバイトってしてもいいの?
高校生は、アルバイトは法律では問題ありません。
中学生の卒業式以降は、上記の(はじめに)を参照ください。
あとは学校の規則がどうなっているかですね。
ただし、18歳未満であれば、原則として労働基準法により深夜労働はできません。

2.面接の際に確認するべき条件は何?
法律では、労働契約(会社と働く者の約束)は、書面で会社が出すものですが、口頭が多いのが実態です。
いろいろありますが、一番肝心なのは、
イ 何時から何時まで働くのか?
ロ 仕事の内容は?
ハ 時給・日給いくらか、など賃金はいくらか?
交通費はでるのか?を聞くことです。

3.働く時間や休憩時間に決まりはあるの?
法律の決まりはあります。
[働く時間]
1日8時間、週40時間です。これ以上は残業となり割増賃金がつきます。

[休憩時間]
労働時間が1日6時間以上であれば、45分間の休憩、
労働時間が1日8時間以上であれば、1時間の休憩、が決められています。

4.バイト中に怪我をしたら、自分で病院代を払うの?
仕事中のケガ、あるいは通勤中のケガは、労働災害(通勤中は通勤災害)です。
したがって、自分で病院代を払うことはありません。
労災保険から医療費が出ます。病院で、「仕事中のケガです」と伝えることです。
もし会社が、「労働災害にしない」などといったら、違法行為ですので、山梨ユニオンなどの労働組合などに相談してください。
ちなみに、医療費と休業補償(1日分賃金の8割相当)も労災保険から支払われます。


(さいごに)
  法律の条文などは記載せずに説明しました。
  残業代割増しなども含めて、詳細は、山梨ユニオンまでお問い合わせください。
  また、万が一、会社の言うことが、説明と違ったりしていたら、
  山梨では、山梨ユニオンにメールなどでお問い合わせください。
  インターネットで「山梨ユニオン」と検索すると出てきますので、遠慮なくお問い合わせください。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。