上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもを取り巻く環境の激変を実感したのは3年前の世界同時不況以降ですね。 
タダゼミに通ってくる子どもの家庭は
① ひとり親家庭 ② 兄弟が多い③ 収入が少ない④ 自営業で忙しい ⑤失業中⑥ 家族が病気 ⑦ 不登校 ⑧ 生活保護受給世帯   が多いです。
「私立高校にはいかせられないのでなんとか公立高校に合格させたい」 「塾に行かせたいけど兄弟もいるし、高くて行かせられない」などが共通します。

学校では集団が重視されるからどうしたって個別の子のつまづきに手厚い支援を届けにくい。
自治体では命や生活が危なくならないとなかなか直接サポートしにくい。
行政サポートもなく、お金がなくて有料塾のサポートを受けられず、地域のつながりもない層にタダゼミはリーチしています。 
最近では参加者も増えて会場確保に困難しています。
行政又は企業の会議室など無償提供頂けると嬉しいです
子どもらの背が大きくなったのかな??
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。