上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なにか一個が得意になると、自分を肯定するようになります。
授業がわからないからつまらないという子どもの訴えは、子どもの言い訳に過ぎないという方もおられますが、よく考えれば その学校の中核をなす授業に魅力を感じることができないのでは登校を拒否する子どもが出てきても当然です
自分はできないんじゃないかという不安感を減らしてあげるのが何と言っても大事でしょう。
段取りを立てていくやり方自体を教えていくとか
自分に力がついてきているという実感を感じてもらうとか。
これは、社会に出ても基本です。社会というのはどこかに食い込まなければならない、しかし社会は人を弾く、そういう人生はやはり辛い。その中で社会に食い込む技術を教えなければならないから 
常に「この子は果たして社会の中に食い込んでいけるだろうか」という意識を周りの大人が持つことも必要でしょう。
受験勉強を教えるにとどまらず受験を通じて自分の将来に目標をもつこと諦めずにとりくむこと傍らに応援してくれる人はいること今後社会にでてからも降りかかってくる困難に立ち向かう力を! 
生きる力をつけてほしい! と願っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。